JIS X 0213:2000を表示/印刷するためのフォントのあるWebページ


JIS X 0213:2000を表示/印刷するためのWindows、Mac用のフォントが手に入るようになりました。符号化方式は、Shift_JIS X0213方式で『Habian』、『Kandata』といいます。

これと、アイヌ語用カタカナ小文字入力支援ソフトを併用すると、アイヌ語ローマ字文から、新JISで採用された「アイヌ語のためのカタカナ小文字」を含んだアイヌ語カタカナ文を編集することができます。アクセサリのシステムツールにある「文字コード表」を用い、メモ帳、秀丸エディタ等のエディタで、アイヌ語用カタカナ小文字を一文字ずつ入力するのも可能ですが、これは効率が良くありません。


『Habian』の半角版フォントが新たにできたので、紹介します。
長音符号付日本語ローマ字母音やエスペラント字上符文字を、アイヌ語新カタカナ文字と併用する場合、それら符号付きラテン文字が全角で表示されるので、半角のラテン文字に対して不自然なものとなってました。このフォントは、それら符号付きラテン文字が半角で表示されるので、この問題が解消されます。

http://wakaba-web.hp.infoseek.co.jp/FONT/Habian/Habian.htm


以下は、長音符号付日本語ローマ字母音やエスペラント字上符文字が全角で表示されるフォントです。


Vector のページの「ソフトライブラリ」→「汎用データ」→「文書作成・各種OS用フォント」で"Habian 2000 1.7.1"を検索してください。このHabianというのが該当するフォントの一つです。

http://www.vector.co.jp/vpack/filearea/data/writing/font/index.html

ダウンロード後は、添付の説明書にしたがってフォントを登録し、アプリケーション側で使用するフォントを設定することでJIS X 0213:2000が使えるようになります。

これに関するページが、以下にもあります。


『Habian』は、アウトラインフォントとしては機能しません。
画面上で、比較的小さなサイズで用いるのに適しています。
エディタで文書を作るときなどに、よくなじみます。
『Habian』の符号化方式は、Shift_JISX0213です。
すなわち、通常のパソコンで表示/印刷可能です。

http://www11.freeweb.ne.jp/computer/wakaba/FONT/Habian/Habian.htm


『Kandata』は、アウトラインフォントとして機能します。
プリントアウトに適合し、画面上では、比較的大きなサイズで用いて活きます。
T-Time にもなじみます。
『Kandata』の符号化方式は、Shift_JISX0213です。
すなわち、通常のパソコンで表示/印刷可能です。

http://www.asahi-net.or.jp/~sd5a-ucd/freefonts/Kandata/


なお、JIS X 0213:2000を表示/印刷するためMac用のフォントについては、以下のページから、Windowsの同じフォントから、変換ツールを使って作成したMac用の『Habian』と『Kandata』のフォントを入手することができます。

漢字Talk6.x には、インストールしてはいけません。
漢字Talk7.5 以上で使います。(『Kandata』と『Habian』は、リゾルバブルフォントです。漢字Talk7 以上であれば、Asian Font Arbitrator をシステムにインストールすることで、使えるはずですが、作者は漢字Talk7.5 未満での動作は未確認と言ってます。)

http://fairuse.hp.infoseek.co.jp/

アイヌ語用カタカナ小文字入力支援ソフトは用意してないので、SimpleTextやJedit等のエディタを用いてATOKやことえりの文字パレットから一文字ずつの入力となり、効率が良くないですが、表示/印刷は可能です。

私のシステムは、Mac LC630 (PowerPC 601), MacOS8.1ですが、うまく表示/印刷できました。印刷に関していえば、『Kandata』の方が、きれいに印刷できました。


その他に、JIS X 0213:2000を表示/印刷するためのフォントとして以下のものがあります。

和田研細丸ゴシック2000

シフトJIS2000形式なので、それに対応した環境が必要です。
Windows 3.1、Windows 9X、Windows Me、Macintosh(漢字Talk8)で使用可
UNIXやLinuxでも環境によっては使用可
DOSなどでは下のFONTX形式を使えば使用可
それ以外では使用不可 (Windows2000やXPではインストールすらできない)
なお、これは、TAR.GZ形式の圧縮ファイルでダウンロードされるので、Vectorにある eo などの解凍プログラムが必要です。


拡張ワタナベワダケン明朝

シフトJIS2000形式なので、それに対応した環境が必要です。
これは、LZH形式の圧縮ファイルでダウンロードされるので、Vectorにある +Lhaca, eo などの解凍プログラムが必要です。


希土類元素レアアース(RareEarth)のホームページでは、シフトJIS2000に関する種々のツールがあります。
http://hp.vector.co.jp/authors/VA018305/


1. UNICODE2SJIS2000

このソフトはUNICODEでかかれたテキストをJIS2000に変換するソフトです。
対応OSは、Windows 9X, Me です。

2. LATIN2SJIS2000

このソフトは欧文文字コードでかかれたテキストをシフトJIS2000に変換するソフトです。
現在のところLatin1、 2、 3、 4、 5、 6、 7、 8、 9、 10、 ISO-8859-5、 ISO-8859-7、 Windows欧米、 Windows中欧、 Windowsキリル、 MacLatin1、 MacLatin2、 KOI8-R、 KOI8-CS、 SIL-IPA、 SIL-IPA93、 &フォント、 EBCDICカナに対応しています。
対応OSは、Windows 9X, Me です。

3. 2シフトJIS2000

これは、シフトJIS2000に変換するソフトです。
JISファイル(ISO-2022-JP・ISO-2022-JP-3・JUNET JISなど)から変換できます。
EUC2000から変換できます。
補助漢字を含んだEUCから変換できます。
旧シフトJIS (78JIS) から変換できます。
WindowsシフトJISから変換できます。
MacintoshシフトJISから変換できます。
シフトJIS2000からISO-2022-JP-3やEUC2000に変換する機能もあります。
1バイト文字を2バイト文字に変換する機能も追加しました。
実装水準4と実装水準3+外字に対応しています。
対応OSは、Windows 9X, Me です。

4. JP

これは、JIS2000(ISO-2022-JP-3)のメールの送受信ができ、PGP公開鍵暗号化を使ったメールの送受信ができるメールソフトです。
PGPを扱うには別途PGP2.6.3iを入手する必要があります。Win32bit版かDOS 32bit版のどちらかを入手してください 。JIS2000の文字を表示するにはJIS2000フォントが必要です。和田研細丸ゴシック2000や拡張ワタナベワダケン明朝が公開されています。

機能:JIS2000メールの送信受信、PGP公開鍵暗号化、PGP暗号化されたメッセージの複合化、ファイルの添付、添付ファイルの受信、印刷、保存、PGP操作補助、PGP公開鍵の登録、APOP、SMTP(CRAM-MD5)、PGP署名など

詳しくはヘルプファイルを見てください。
対応OSは、Windows 9X, Me, NT4 です。


その他に、JIS2000(ISO-2022-JP-3)のメールの送受信ができるものとしては、Windows用のメールソフトBecky!ISO-2022-JP-3を送受信するプラグインがあります。
http://members.tripod.co.jp/jisx0213/bk0213.html
このプラグインは、Windows 用メールソフト Becky! Ver.2.0 で JIS X 0213 の文字を含むメールを送受信するためのものです。

なお、Becky! の内蔵エディタ上で JIS X 0213 の文字をコピー&ペーストすると、 大半の文字が化けます。(Windows 9X、Windows Me 環境下のメモ帳秀丸エディタ上で、文字コード表からJIS2000の文字を入力すれば、大丈夫です) Windows NT/2000 では、 JIS X 0213 対応フォントをインストールしても、 そのままでは文字の表示すらできません。

これは、OS が持っている Unicode と Shift JIS との変換テーブルに JIS X 0213 の文字が含まれていないためです。 そこで、この変換テーブルに JIS X 0213 の文字を追加するためのツールが 以下のウェブで公開されています。これを使う場合には、自己責任でお願いします。

JIS第3・第4水準を使用するNLS変更プログラム新漢字則 JIS X 0213:2004」(斉藤さんのページ)


『Windows 9x を JIS X 0213 対応にする』を参考にした『Windows 98 + ATOK の JIS X 0213 化関連メモ』というWebページが以下のところにありますので、参考までに紹介します。
http://www.venus.dti.ne.jp/~yohno/probun/atok.html


JIS X 0213:2000を表示/印刷できるものとして、この他に、「超漢字」という市販ソフトがあります。このOSは、BTRONです。つまり、Windows機にこれを導入したい場合には、OSが違うので、ハードディスクを区切るなどで、多少MS-DOSの知識も入ります。また、これには、ワープロソフトも付いていますが、アイヌ語用カタカナ小文字の入力に関していえば、これを支援するためのツールがないので、1文字づつ文字の表から拾ってやらないと入力できないため、効率が良くありません。しかし、表示、印刷については問題はありません。

その他に、T-TimeをシフトJISに変換したり、w3m-m17nでも表示できるそうです。


注意!! これらのフォントに関しては、自己責任でお使いください。当方では一切の責任を持ちません。


ホームページに戻る